【完結済み】白蝶記 ―どうやって獄を破り、どうすれば君が笑うのか―

白蝶記 ―どうやって獄を破り、どうすれば君が笑うのか―

完結

著者:るーすぼーい イラスト:白身魚

611円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    この不条理から逃げ切ってみせる。 雪深い山に囲まれた児童養護施設で育った旭(あさひ)と樹(いつき)。ある教団が運営している監獄のような施設でつらい日々を過ごしながらも親友・陽咲(ひさき)の明るさに救われ、三人は静かに過ごしていた。 しかし、そんな彼らに悪意を向ける者がいた。旭や樹を勝手な言い分で叱り、いためつけようとする指導職員・小倉(おぐら)。旭は執拗な小倉の暴虐に反抗し、意を決して施設の園長に助けを求める。だが、その密告を知り、怒りを抑えきれない小倉が旭と樹のもとにやってきて耐え難い言葉と暴力で彼らを屈服させる。そして樹を“懲罰小屋”送りにしてしまうのだった……。 自分の弱さを知った旭は、この不条理から逃れるために悪童と化し、復讐を誓う――!

    続きを読む
    提供開始日
    2015/12/22
    出版社
    集英社
    ジャンル
    ライトノベル
    • 白蝶記 ―どうやって獄を破り、どうすれば君が笑うのか― 全 3 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      白蝶記 ―どうやって獄を破り、どうすれば君が笑うのか― 全 3 巻

      1,833円(税込)
      18pt獲得

    レビュー

    • 2016/03/28Posted by ブクログ

      ひりつくような寒さが滲む空気感の中で繰り広げられる友情とすれ違いと憎悪、裏目に出る善意。るーすぼーいの描く""悪童""は憎ったらしくも魅力的で、熱い。「敵」の姿は茫漠としてまだ見えないが、今回出てきた...

      続きを読む
    • 2016/11/10Posted by ブクログ

      危険な宗教施設に閉じ込められた、少年少女の逃避行。みんな幸せになってくれ。泣きそうになってしまった。

    • 2016/05/22Posted by ブクログ

      新興宗教の施設らしい孤児院にいる主人公が施設の教員に殺意を抱き実行をする話。言葉として書くと一行で終わってしまうのに、一冊として読むと重い。壮絶にいびってくるクソな大人や陰気で閉鎖された施設、クリスマ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード