異端審問ラボ 魔女の事件簿 (2)

高里椎奈

712円(税込)
ポイント 7pt

通常ポイント:7pt

ゲートが開くと人が死ぬ――。外界と遮断されたドームの中で完全に管理された生活をおくる千鳥と鶫、そして鳶の三人。年に一度、遠く離れて暮らす家族とカードを贈り合うイベントで皆がわき立つ中、次々と不審な事件が発生する。水のない街中で起きた溺死事件。火の気のない場所で火傷のような症状で息絶えた死体の謎。頻発する小火騒ぎ。不気味な噂と不可解な事件の関係とは……!?

続きを読む

レビュー

3.4
7
5
0
4
3
3
4
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2018/08/14Posted by ブクログ

    SF。ミステリ。シリーズ2作目。
    ディストピアっぽい舞台で起きる、怪事件。連作短編のような構成。
    正直、SFとしてもミステリとしてもインパクトに欠けるが、自然から隔絶された世界観は嫌いじゃない。
    前作...

    続きを読む
  • 2018/07/17Posted by ブクログ

    入院の間の泥棒、焼失死体、火災。

    不遜な態度の彼が入院して、部屋の鍵を借りて
    部屋の中に入ったら…驚きの状態。
    もしもこれが、普通の部屋の状況だったりしたら
    それはそれで問題ですが。
    あれ、がなくな...

    続きを読む
  • 2016/07/31Posted by ブクログ

    鳥の名前ばかり。人物紹介つけてほしい。今回はおいしい食べ物にありつけて文献解読が進んでいる様子。米はそうじゃないよ‼と思ったらちゃんとオチが。

もっと見る

セーフモード