【最新刊】決定版 これがガバナンス経営だ!―ストーリーで学ぶ企業統治のリアル

決定版 これがガバナンス経営だ!―ストーリーで学ぶ企業統治のリアル

1冊

著:冨山和彦 著:澤陽男

1,584円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    権力メカニズムの機能不全が企業の「稼ぐ力」を奪う! カネボウやJALを再生させた日本のガバナンス経営の第一人者が、古い日本的経営でも米国式株主主権主義でもない新しい経営のあり方をストーリー形式で解説する、ガバナンス指南書の決定版!!

    続きを読む
    提供開始日
    2015/12/11

    レビュー

    4
    6
    5
    2
    4
    2
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/03/04Posted by ブクログ

      これは良書でした、コーポレートガバナンスとは何か?どういうことか?に関して丁寧な解説で基本的な事項を網羅。大変に良く理解できた。コーポレートガバナンスの基本書。

    • 2018/12/29Posted by ブクログ

      事例に基づいた解説は分かりやすい。
      教科書的な本よりも理解が進む。

      経営ガバナンスといっても、型にはまった形、固定的な形があるわけでなく、理念に基づき、どのように解釈し、設計していくのかが重要。それ...

      続きを読む
    • 2018/12/21Posted by ブクログ

      ー もちろんコーポレートガバナンス· コードは一つの規範なので、そこにどうミート、complyすればいいかという、ある意味、法形式論的な観点は実務的には重要である。

      しかし東芝の不正会計問題が明確に...

      続きを読む
    開く

    セーフモード