【最新刊】21世紀の不平等

21世紀の不平等

1冊

著:アンソニー・B・アトキンソン 訳:山形浩生 訳:森本正史

3,960円(税込)
1%獲得

39pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    全世界待望! ピケティの師の書、ついに刊行! 不平等研究の権威が、現代社会の根本を問い直す。思想の大転換を迫る書。格差をあきらめない15の方法がここにある。世界16カ国で刊行・刊行予定の話題の書【推薦の言葉】 「ウィットに富んで、エレガントで深遠なこの本を是非読んでほしい。」トマ・ピケティ(パリ経済学校教授)「アトキンソンは、多くの点で現代の不平等研究の父だが、すばらしい新著を発表した。」ポール・クルーグマン(プリンストン大学教授)「好き嫌いにかかわらず、これは野心的な本だ。」ティム・ハーフォード(ジャーナリスト)「不平等研究の新しい基本書。日本の格差対策にも本書の15の提案は必読だ。」大竹文雄(大阪大学社会経済研究所教授)

    続きを読む
    提供開始日
    2015/12/11

    レビュー

    3.6
    13
    5
    3
    4
    5
    3
    3
    2
    1
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2018/10/24Posted by ブクログ

      現代の経済的不平等の解決策について、オックスフォード経済学者により書かれたもの。ピケティの「21世紀の資本」では富の実態を明らかにしたが、これに続き富の不平等を是正するための方策を具体的に述べている。...

      続きを読む
    • 2017/12/18Posted by ブクログ

      提案の方向性はおそらく正しいものだと思う。ただし、膨大な項目にそれを引用する上での留保。理解する上での前提の多さ、この留保や前提は数字のことではあるものの、どこか宗教的感性が必要だ。これは、この人の物...

      続きを読む
    • 2017/09/30Posted by ブクログ

      アトキンソンはピケティの師と帯には書いているが、序文にはピケティの文章が載っている。
      格差と不平等に関する論考で、現状を歴史も含めて検討し、それに対する対策を提案し、またその反論に対する論駁を述べてい...

      続きを読む
    開く

    セーフモード