【完結済み】臆病作家はそれを欲しがらない

臆病作家はそれを欲しがらない

完結

下條水月

784円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

「友人」として側にいられるだけで、幸せだった──…。 小説家の篠宮が想いを寄せているのは、大学時代からの友人であり、現在は担当編集でもある真山。両想いになりたいという欲を出さず、7年間続けてきた「友人」という関係。過去の、ある辛い出来事を密かに抱えながら生きてきた篠宮にとって、真山と友人として一緒に過ごす日々はなによりも幸せなものだった。しかしある日、篠宮の「ある姿」を真山に見られてしまったことにより、「友人」という関係が少しずつ崩れていくことになる──…。

続きを読む

本作品には、一部過激な表現・描写が含まれていますので、ご購入はご自身の判断と責任において行ってください。

ページ数
186ページ
提供開始日
2015/12/25
連載誌/レーベル
WEBLink
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

  • 2015/11/03Posted by ブクログ

    カバー下 作者あとがきあり。

    評価☆3.5 眼鏡の篠宮の顔がタイプだったので☆4つにしました。
    表紙の二人がいいですね。カバー下にはボツ作ありましたが、表紙のソファーに座っている二人の微妙な距...

    続きを読む

セーフモード