【最新刊】天野可淡 復活譚

天野可淡 復活譚

写真:片岡佐吉

3,080円(税込)

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    本書は人形蒐集家の片岡佐吉が、2001年より15年近くにわたり撮りためてきた可淡人形の作品集である。可淡人形の棲み家を屋内のみならず屋外に求め、撮影された。片岡佐吉は、02年、御徒町の人形博物館「マリアクローチェ」、07年、渋谷「マリアの心臓」、15年、京都・大原の「マリアの心臓」にて、可淡人形の展覧会を開催。人のみならず、生きとし生けるもの、架空の生きもの。すべてが息づく可淡人形の、永遠の棲み家がここに誕生した。「情熱的で耽美で、大地から呻き上がるような存在感。可淡が背負っていたものは何か。人の心の底をえぐりとる可淡人形、封印された秘密の扉を僕はこじ開けただろうか。」人形蒐集家・写真家 片岡佐吉「人形は虚ろ。虚ろであるからこそ、それは見る者・撮る者の精神からさまざまな想いを吸収し、さまざまな“物語”をこの世に現出させるのである。」綾辻行人(巻末エッセイより)

    続きを読む
    ページ数
    82ページ
    提供開始日
    2015/12/16
    連載誌/レーベル
    角川書店単行本
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    アート

    レビュー

    • 1巻2018/10/20Posted by ブクログ

      天野可淡さんの人形はとても惹かれます。
      恐くて儚くて、でも強くて美しくて、狂気も感じます。
      人間のようなものも、人間のようでないものも、目が離せません。
      最後にある綾辻行人さんの文章も好きでした。

    • 1巻2017/09/23Posted by ブクログ

      カタンドールの写真集は、これまでに復刻版以外は3冊とも手元にあるけれど、そのいずれの写真集ともガラリとイメージが変わる。
      撮り手が違うとこんなにも変わるのだなあと。
      それでもカタンドールのえも言われぬ...

      続きを読む

    セーフモード