【最新刊】朝日おとなの学びなおし! 法学 キーワード3つでわかる 民法

朝日おとなの学びなおし! 法学 キーワード3つでわかる 民法

1冊

荘司雅彦

1,100円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ビジネスから相続、資格試験まで不可欠の民法を、「権利の主体」「権利の客体」「権利関係」の3つのキーワードの組み合わせで解説する。1000条を超す民法の全体像が1冊でざっくりわかるカリスマ弁護士による画期的法学書。ユーモアある文体で肩が凝らずに読め、離婚問題や不動産取引など、実務家ならではのケーススタディも具体的。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/12/11
    連載誌/レーベル
    朝日おとなの学びなおし!シリーズ

    レビュー

    3
    2
    5
    0
    4
    0
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/08/02Posted by ブクログ

      算数で言うところの四則演算の基礎を語ってくれる書物。民法を学ぶためのきっかけ作りには良いと思います。

      ただし、法律はどこまでいっても概念でしかないので、具体的な判例と照らし合わせながら勉強していくこ...

      続きを読む
    • 2015/02/18Posted by ブクログ

      権利の主体が権利の客体を支配する縦の関係が物権。誰に対しても権利を主張できる。これに対して債権は権利の主体と権利の主体が横の関係にあり、特定の人に対してのみ特定の権利が主張できる。表示意思と表示行為の...

      続きを読む

    セーフモード