【完結済み】春はあけぼの 月もなう 空もなお

春はあけぼの 月もなう 空もなお

完結

1冊

サメマチオ

712円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

サメマチオ超訳の、枕草子。枕草子の名文にのせて、今を生きる日本人を描く。21世紀、日本。一人暮らしの若い女性、清田尚子と友人定岡良美。帰宅途中のサラリーマン。通りすがりの猫と幼女。駅伝ランナー。葬式帰りの会話。夏の台風と冬の雪。出会いと別れ。感じる枕草子。 収録作品:ものへ行く道に / 七月ばかりに / 猫は / 月のいと明かきに / 遠くて近きもの / ももあはれ知らせ顔なるもの / 職におはします頃 / 冬はいみじう寒き / 近うて遠きもの / 雪高う降りて / 見ならひするもの / たとしへなきもの / 宮にはじめて参りたる頃 / この草子目に見え心に思ふことを

続きを読む
ページ数
176ページ
提供開始日
2015/12/11
連載誌/レーベル
Nextcomics
出版社
宙出版
ジャンル
少女マンガ

レビュー

4
7
5
2
4
3
3
2
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2015/05/08Posted by ブクログ

    美術の世界では、「作者が受けた印象を絵画に表したものを、印象派、と呼ぶ」と、自分は記憶している。
    枕草子の、現代の印象派というべきこの一冊。勿論、この本は漫画なのだけれど。

    現代と昔の、この作者なり...

    続きを読む
  • 2014/06/27Posted by ブクログ

    帯文の「超感覚マンガ訳の枕草子」に惹かれ、絵柄も好みだったので購入。
    古典名著の類の現代語訳やあらすじ版みたいな本も出ているけれど。
    そういう作品よりも、この作品のように「今の時代を舞台にして、著者の...

    続きを読む
  • 2013/06/19Posted by ブクログ

    よかった。どんな時代でもどんな場所でも生きている以上いつもなにかを考えてしまう人というものもそう悪くない

開く

セーフモード