【最新刊】文系学部解体

文系学部解体

1冊

著者:室井尚

880円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    下村文科大臣は国立大学に対し「文系学部・学科の縮小や廃止」を要請した。成果主義の導入、職業訓練校化――所属学科の廃止を通告された大学教授が、新自由主義の波に翻弄される現場を描く衝撃のレポート。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/12/10

    レビュー

    3.7
    8
    5
    2
    4
    2
    3
    4
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/12/14Posted by ブクログ

      大学が職業訓練校化するのには反対。
      技能や知識を身につけることも大事だけど、大学という場には、それだけではない意義が有る。

      問題があるとすれば、その意義を学生に理解させられていないことじゃないか?と...

      続きを読む
    • 2019/01/22Posted by ブクログ

      今年の6月に文科省から出された通達がきっかけとなり、大学関係者ではない人びとのあいだでも大きく議論されるようになった国立大学の文系学部廃止について、そこに至るまでの経緯、背景にある事情、および筆者の考...

      続きを読む
    • 2018/11/05Posted by ブクログ

      <目次>
      はじめに 大学がいま大変なことになっている
      第一章 国立大学改革プランの衝撃 文系学部はいらない?
      第二章 大学改革はいかに進められてきたのか
      第三章 戦前の大学と戦後の大学
      第四章 大学が...

      続きを読む
    開く

    セーフモード