【最新刊】12人の蒐集家/ティーショップ

12人の蒐集家/ティーショップ

著:ゾラン・ジヴコヴィッチ 訳:山田順子

1,629円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「当店には各種、極上のケーキがそろっております」紫一色に染められたケーキショップの、8ページにわたるメニューに並ぶのは〈よろけヴァイオリン〉〈惚れ睡蓮〉そして〈陽気な骸〉……。パティシエがコレクションする“あるもの”と引き換えに、メニューにはない特製ケーキを頼んだ男の運命は? 連作「12人の蒐集家」と中編「ティーショップ」を収めた東欧の鬼才ジヴコヴィッチによる、愛らしくも不気味な世界。摩訶不思議なファンタスチカの世界へ、ようこそ。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/12/11
    出版社
    東京創元社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2018/06/10Posted by ブクログ

      旧ユーゴスラビア・セルビア共和国出身の作者による奇妙な味付けの短編集。なんというか人を食ったような作者だなと思った。

      まずはそれぞれが紫の光の中で奇妙な蒐集を続ける【12人の蒐集家】


      ようこそケ...

      続きを読む
    • 2016/06/29Posted by ブクログ

      『プロハスカは切った自分の爪を蒐集していた。このコレクションを始めたのは、八歳のとき、初めて自分で手の指の爪を切ったときからだ』ー『2-爪』

      西洋人の想像する悪魔の好む色と言えば黒と相場が決まってい...

      続きを読む
    • 2018/01/04Posted by ブクログ

       むむぅ。
       つい最近読み終ったエトガル・ケレット 著「突然ノックの音が」の感想に「面白い作品はもうとことん面白く、読み終ったあとに『うーん』と思わず唸り声をあげてしまうのだが、つまらない作品はどこ...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001592963","price":"1629"}]

    セーフモード