けんえん。 3巻

風越洞×壱村仁

605円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

今は昔。長野県のワンコは、静岡県の松茸と出会いました。 昔々の静岡の見付神社で、諸事情により一緒に暮らし始めた、猿の妖怪・猿(マシラ)と、長野の霊犬・疾風(ハヤテ)。神を出雲まで送った障(さわり)で寝込んだ猿を残し、疾風は単独で山へ。しかしそこで、旬の松茸の妖怪と出会ってしまい!? 犬猿のいきがかりコンビが織りなす、あやかし昔話第三巻!

続きを読む
  • けんえん。 全 8 冊

    未購入の巻をまとめて購入

    けんえん。 全 8 冊

    4,873円(税込)
    48pt獲得
新刊を予約購入する

レビュー

レビューコメント(2件)
  • 2016/11/26

    あんなに優しいサトリなのに心穏やかに幸せになれないとは、獲猿と人間は悲しい関係です。一緒には生きて行けなくても住み分けて悲劇が生まれないようにならないものかと思います。松茸さんは再登場しないかな?

    Posted by ブクログ
  • 2017/06/06

    サトリの過去がせつない。そしてマシラの生まれた郷での悲劇も。なんだかんだいって、やはり怖いのは人だと思うのよ。生きてる人間が1番怖い。

    Posted by ブクログ
他のレビューをもっと見る

セーフモード