銀狼(ウルフ)刑事・本郷義久(2) 掠奪の凶弾

著:龍一京

486円(税込)
ポイント 4pt

悪を許すまじ! 企業の内部権力抗争とそれに絡む暴力団の存在を嗅ぎつけた銀狼刑事・本郷の活躍! 羽田空港近辺でタクシー運転手が射殺され、乗っていた女性が何者かに拉致された。女性は、退官後公証人をしている元検事の愛嬢だった。検事と旧知だった元警視庁警部の本郷義久は、かつての上司に依頼され彼女の行方を追う。だが調査を進める本郷は、事件の背後に、ある企業の内部権力抗争とそれに絡む暴力団の存在を察知。犯人の放つ凶弾がさらなる犠牲者を生む中、本郷は醜悪な欲望に駆られた犯人に肉薄するが…。●龍一京(りゅう・いっきょう)1941年大分県生まれ。元兵庫県警察、司法警察官として主に公安を担当する。退職後、コンサルタント業等を経て、作家に転身。著者の実体験をふんだんに織り込んだ、リアルな刑事の実態を描く警察小説を得意とする。『偽装捜査』(光文社文庫)、『鬼刑事(デカ)謀殺痕』(祥伝社文庫)など著書多数。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

セーフモード