【最新刊】ヤマケイ新書 日本の山を数えてみた データで読み解く山の秘密

ヤマケイ新書 日本の山を数えてみた データで読み解く山の秘密

著者:武内正 著者:石丸哲也

704円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    国民の祝日「山の日」に山を深く知るための深いデータが満載!全国1万8000の山を調査・分析することによって、日本の山の知られざる一面が明らかに。国土地理院の地形図に記載された日本全国の山、約1万8000山をすべて数え上げ、データ化、調査、分析してみると、意外な事実が浮かびあがってきた。山名の読み方や名前の由来、分布などについて、多角的に分析を試みた山名蘊蓄本。難読山名、干支の山、人名の山、数字の山、三国境の山、etc。すべての山を数え上げたからこそ明らかになった、山と名前の意外な一面が明らかになる。○○岳と○○山、多いのはどっち? 分布の傾向は? 読めるかな、難読山名=行縢山 英彦山 石裂山 御座山 牙山 瓢ヶ岳 等々。また、統計として役立つように47都道府県それぞれの県の山の数や、標高順位なども収録。山の日に向けて、「山」をより深く理解するための一冊。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/12/04

    レビュー

    • ネタバレ
      2015/07/24Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2015/10/29Posted by ブクログ

      データベース化した山岳情報を駆使して、さまざまな切り口から山をカテゴライズして、紹介してくれる、価値ある本。読み物としても、山名の由来などから、地域論や歴史に自然と発展しており、楽しめる。

    • 2019/11/15Posted by ブクログ

      日本の山々を色々カテゴライズして紹介してくれている一冊。日本の大地はつくづく急峻なんだなあというのがよくわかりました。急峻な山々のお陰で豊かな自然が作られ、また豊かな水が得られるんだな。

      各カテゴラ...

      続きを読む
    [{"item_id":"A001592166","price":"704"}]

    セーフモード