中国大減速 資源国・アジア危機

中川美帆/棚瀬順哉/山田修輔/西浜徹/西川珠子/堀江正人/守屋太郎/山田雪乃/井出和貴子/伊藤庄一/河合良介/高安雄一/篠田尚子/週刊エコノミスト編集部

220円(税込)
1%獲得

2pt(1%)内訳を見る

    世界経済はいま、中国経済の減速傾向ははっきりしてきたなかで、米国は逆に利上げに踏み切ろうとしている。これによる悪影響は、資源国やアジアを中心とする新興国にはっきりと表れている。中国の鉄鋼や石炭の需要が減少することで、資源価格が下落。ブラジルやオーストリアなど資源輸出国が影響を受けている。また新興国の中国向け輸出は減少して経済成長率が鈍化。この状態が続けば資源国、新興国に経済危機が発生しかねない。この危機はやがて世界不況に発展するリスクもはらんでいる。 本書は週刊エコノミスト2015年10月13日号で掲載された特集「中国大減速 資源国・アジア危機」の記事を電子書籍にしたものです。目 次:はじめに・深刻な資源国・新興国、世界不況の予兆か・新興国 通貨・景気の危険度 国内民間債務が新たなリスク・中国の金融政策 さらなる人民元安の可能性・アジア通貨危機の再来はあるか 「血濡れのバーツ」の記憶と対策・ブラジル 世界大恐慌以来の長期的低迷 無策がもたらす負の連鎖・トルコ 通貨大幅下落、経常赤字... 構造的ジレンマ抱える・オーストラリア 鉄鉱石、原料炭急落で24年ぶりのリセッションか・インドネシア 消費・投資低迷で景気回復遅れ 歯止めかからないルピア安・南アフリカ GDPはマイナス成長 ランド下落で追加利上げも・ロシア 対中国ガス輸出の空転で八方ふさがりのプーチン政権・タイ 消費・輸出ともに低迷 「中所得国のワナ」も障壁・韓国 過度の輸出依存体質 中国低迷に無防備・厳しい新興国向け投資信託 ブラジル・レアル建て大苦戦

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード