Hanako FOR MEN vol.19 甘党です。

マガジンハウス

640円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    ※本ムックはカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。まず、ここに並ぶのは虎屋謹製12か月の上生菓子。古来、日本では季節の意匠や年中行事、想いをお菓子に映してきました。和菓子は見た目にも味にも“余韻”や“余白”が重要。奥ゆかしさこそ、日本文化の真骨頂なのです。今夏、NYブルックリンでは「レインドロップ・ケーキ」なる「水信玄餅」に激似のお菓子を求めて、大行列が出来た。素材は寒天とミネラルウォーター。ぷるぷるした透明の球体に、黒蜜ときな粉を絡めて食べる。植物性素材で作る和菓子は、健康コンシャスな外国人にも受けが良い。そして季節限定。かつその場に出かけなければ食べられないイベント性が、甘党たちを刺激している。東京では虎屋 専務の黒川光晴さんが「TORAYA CAFE・AN STAND」を展開。「餡」を「AN」に変換することで和洋の垣根を飛び越えた。また空也5代目 山口彦之さんは新たなもなか「ななつほし」を開発。お披露目はパリで行う。伝統世界の「甘党」たちは着実に新時代を切り開きつつある。我々が「パンケーキだスイーツだ」と大騒ぎしている間に、世界は和菓子のジャパン・クオリティに注目している。どら焼き、大福、寒天、飴、かりんとうなどなど……、完全保存版「日本全国銘菓BOOK」もついてます。1冊トータルでは、季節限定、定番お菓子260個が登場します。「甘党です!」と胸を張る人たちと作った1冊です。取り寄せマークも付いて便利です。そろそろ和菓子、始めませんか。

    続きを読む
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード