Casa BRUTUS (カーサ・ブルータス) 2019年 11月号 [茶の湯への道。]

カーサブルータス編集部

789円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページや特別付録が含まれない場合がございます。※本雑誌はカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。THE WAY OF THE TEA CEREMONY茶の湯への道。茶の湯の世界にみんなが夢中!茶室、茶碗、茶懐石の魅力とは?今、アートやデザインの世界でも茶の湯がなにやら騒がしいです。海外の現代美術作家は「ティーセレモニー」をテーマに展覧会を開き、クリエイティブディレクターは自らの別邸に茶室を開き茶碗に執心、デザイナーが手掛けたアートな茶室が美術館の中庭に設置される等々。千利休が430年前に大成させ「生活構成の芸術」とも言われる茶の湯が、現代人の心にも響くのはなぜかを改めて考えてみます。茶人の茶会から、現代の茶室と茶道具、懐石、和菓子、名碗まで、茶の湯の美意識を学んで、いざ、茶の湯への道へ。千宗屋×石田ゆり子初めての茶会。アーティストの茶室。NIGO(R)・/桑田卓郎/吉岡徳仁/市川孝石田ゆり子×トム・サックス初めてのティーセレモニー。現代作家の茶道具中村友美(金工作家)×石上純也(建築家)/十場天伸(陶芸家)茶碗、茶入れ、茶杓、茶筅、菓子器etc.あの人の「茶箱」を拝見!スティーブ・ハリソン/石村由起子/堀畑裕之・関口真希子野村友里&野村紘子自分で作る茶懐石。四季の和菓子を鍵善良房で味わう。2つの美術館で出会える。名碗を知る。【高麗茶碗】【和物茶碗】?Fashion Special 2019AWChez W. David Marxデーヴィッド・マークス邸ホンマタカシ TOKYO NEW SCAPES祐真朋樹 Miracle Closet櫻井翔 ケンチクを学ぶ旅。古今東西 かしゆか商店長山智美 デザイン狩人小寺慶子 レストラン予報ほしよりこ カーサの猫村さんソニア パーク 守りたいもの、伝えたいもの。Chill Cars 時代を超えて愛される、デザインの良い車。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード