【最新刊】音のなんでも実験室 遊んでわかる音のしくみ

音のなんでも実験室 遊んでわかる音のしくみ

吉澤純夫

880円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    自分の声と、録音した声がちがって聞こえるのはなぜ? 30メートル離れているところのヒソヒソ話が耳元で聞こえる!? 何気なく聞いている音や声も音のしくみがわかると楽しく聞こえてきます。音にまつわるさまざまな現象を自分の手で作り出し、波形を調べながら自然に理解できるおもしろ実験満載です。(ブルーバックス・2006年6月刊) ※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能も使用できません。

    続きを読む
    ページ数
    179ページ
    提供開始日
    2015/11/27
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    • 2018/06/24Posted by ブクログ

       100円ショップで入手できる物品で(一部違うものもある)、各種音の実験装置をつくり、試すことで音響学を知る、という本。子供と一緒に工作できて良い。開口端補正とか懐かしい語句も出てきた。吹奏楽器を始め...

      続きを読む

    セーフモード