【最新刊】プリティ・ガールズ 下

プリティ・ガールズ

2冊

カリン・スローター 翻訳:堤 朝子

880円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    24年前とシンクロする少女の失踪、殺人事件。家族・友人・警察・FBI、真実を口にしているのは誰か? 誰ひとり信用できない。MWA賞受賞作家が放つ話題作! 死んだ夫のパソコンに隠されていた殺人動画――そこに映る一人は現在行方不明の少女に酷似していた。だが担当刑事に動画は偽物だと一蹴され、クレアは違和感を覚える。愛妻家の夫の正体は異常な殺人鬼だったのか? 警察とFBIは何を掴んでいるのか? やがて24年前に失踪した姉と夫の事件の関連が浮上し……。次々はがされてゆく登場人物の素顔、予測不能の展開! 全米震撼の話題作。 登場人物、プロット、スピード感はスリラー作家の中でも群を抜いている。――マイクル・コナリー 細部の観察力、真実を見極める力において、スローターの右に並ぶ者はいない。――ギリアン・フリン 何ものをも恐れない作家。今日において、最も大胆なスリラー作家の一人。――テス・ジェリッツェン

    続きを読む
    提供開始日
    2015/12/17
    連載誌/レーベル
    ハーパーBOOKS

    レビュー

    3.5
    23
    5
    0
    4
    13
    3
    10
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/01/27Posted by ブクログ

      ある日突然三姉妹の長女が居なくなった。警察にも行方がわからないまま、24年の歳月がたってしまった、残された家族の物語。次女のリディア三女のクレア、残された姉妹の心情が細かく書かれていて物語の進み方が遅...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2018/06/07Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • ネタバレ
      2018/06/07Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード