【最新刊】坑夫

坑夫

夏目漱石作

726円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「本当の人間は妙に纏めにくいものだ。」 十九歳の家出青年が降りてゆく、荒くれ坑夫たちの飯場と「地獄」の鉱山、そしてとらえがたいこころの深み―― 明治41年、「虞美人草」と「三四郎」の間に著された、漱石文学の真の問題作。最新の校訂に基づく本文に、新聞連載時の挿絵を収録。(注・解説=紅野謙介)

    続きを読む
    提供開始日
    2015/12/03
    連載誌/レーベル
    岩波文庫
    出版社
    岩波書店
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント(1件)
    • 坑夫
      2015/07/24

      夏目漱石の未読の小説を読んでみようと思ってKindleの青空文庫で読んでみた。まだ親と同居して働いたこともない都会のエリート青年が女性問題で家を飛び出して死ぬつもりで一人で駆け落ちし、坑夫を斡旋するポ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード