【最新刊】比較でわかるプロマネ技術(日経BP Next ICT選書)

比較でわかるプロマネ技術(日経BP Next ICT選書)

1冊

著:小浜耕己 編:日経SYSTEMS

3,080円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    24のリアルなシチュエーションごとに最適なマネジメント手法がわかる! プロジェクトマネジメントにはいつでもどこでも通用する手法があるわけではなく、対象や状況によってマネジメントのやり方を変えねばなりません。本書では、対照的な二つのプロジェクトを取り上げ、マネジメントの手法や失敗しやすいポイントなど、さまざまな「比較」を通して実践的なプロジェクトマネジメントノウハウを解説します。【1章】小規模と大規模 簡素化しすぎて失敗招く、大規模は計画変更に備える【2章】パッケージとスクラッチ 経験過信し追加開発が増大、スクラッチは目的を明確に【3章】アプリケーションと基盤 アプリ偏重で失敗を招く、システム全体に網をかけよう【4章】保守と新規 「慣れ」が曖昧さを生む、不明点は計画でつぶそう【5章】内製と外注 育成の実態はほったらかし、要求スキルは事前合意を【6章】既存ユーザーと新規ユーザー 建前だけの役割分担は危険、自ら情報を取りにいく【7章】立ち上げとクロージング 情報は待たずに作り出し、完了判定は基準を守る【8章】平常時と非常時 平常時こそ決断が大事、非常時は周りの声を聞こう【9章】専任と兼任 役割を集中させ過ぎ停滞、兼任時こそ対話を増やそう【10章】提案・企画時と遂行時 「とりあえず提案」が危険、遂行時は制約にとらわれない【11章】育成モードと相談モード 育成にはコストがかかる、エキスパートに頼り過ぎない【12章】プロジェクトとプログラム 他のプロジェクトにも配慮、“モグラ叩き”の対策はしない

    続きを読む
    提供開始日
    2015/11/20
    連載誌/レーベル
    日経BP Next ICT選書
    出版社
    日経BP
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    4.5
    2
    5
    1
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/06/12Posted by ブクログ

      プロマネが陥り易いパターン毎に章立てされてます。
      あるあるの場面すぎて、笑えない。。と言うか注意事項の
      見直しに役立ちます

    • 2014/02/24Posted by ブクログ

      プロジェクト特性ごとのケーススタディ・傾向と対策をまとめた本。
      どのケースも実際のプロジェクト内容を反映しており、
      まさに現場を見てきた著者であることがよくわかる。

      PM業務を行っているならどのトピ...

      続きを読む

    セーフモード