新宿退屈男 愛隣の絆 下

著:愁堂れな 画:奈良千春

637円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    「お前にはもう飽きた。日本へ帰れ」 元・麻薬取締官の竜野真紀は、香港と日本の闇組織間で行われた大規模な麻薬取引の摘発に失敗し、混乱の最中、香港マフィアの王に攫われて、囚われの身になっている。しかし、強靭なように見えて脆い王を、最近では支えたいと思うようになっていた。そんな真紀の想いとは裏腹に、王から残酷な命令が下される。 「飽きたから捨てる」 冷たい王の言葉に反発し、側に残ることを訴える真紀だが、そのまま身ひとつで九龍市街に放り出されてしまい……!! 迫り来る巨大な運命に翻弄され、押し殺してしまった、孤独な男の真実の想いとは――。

    続きを読む

    レビュー

    3
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2013/04/08Posted by ブクログ

      『新宿退屈男~欲望の法則』
      『新宿退屈男~快楽の祭典』
      『隷属の闇』スピンオフ
      『新宿退屈男~愛欲の交叉』
      『花の破片(かけら9)』スピンオフ
      『新宿退屈男~色欲の楽園』
      『新宿退屈男~愛隣の絆 上』...

      続きを読む
    • 2012/12/16Posted by ブクログ

      同タイトルの下巻。

      香港でマフィア・王の愛人として暮らしている元・麻薬取締官である兄・真紀の視線で王が自分を抱かなくなり、お払い箱のように屋敷から出されてしまった話…。なぜ?飽きたから?という葛藤が...

      続きを読む

    セーフモード