【最新刊】働き方革命 (Wedgeセレクション No.49)

働き方革命 (Wedgeセレクション No.49)

1冊

著:大内伸哉 著:松本晃 著:吉越浩一郎 著:山本勲 著:中村宏之 著:磯山友幸

220円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    在宅勤務、朝型勤務、ゆう活……。企業や官公庁が続々と「働き方改革」を実施している。旧態依然の「ニッポン株式会社」に、こうした新しい働き方は根づくのだろうか――。【WedgeセレクションNo.49】<目次>■PART 1 働き方革命最前線拡大する在宅勤務 課題となる“社畜文化”の是正Wedge編集部【COLUMN1】ゆう活は成功したのか?まぼろしで終わるな「キラめく夕方」Wedge編集部【COLUMN2】長時間残業をなくす働き方を変え意識を変える伊藤忠の「朝型勤務」Wedge編集部【SPECIAL INTERVIEW】成果主義は日本企業に根付くか「長きをもって尊しとなさず」 会社が求めるのは成果のみ松本 晃(カルビー代表取締役会長兼CEO)【SPECIAL INTERVIEW】「結果よりもプロセス重視」のウソ「頑張らなくていい。結果を出せ」 意識改革は「残業ゼロ」から吉越浩一郎(トリンプ・インターナショナル・ジャパン元代表取締役社長)■PART 2 ホワイトカラー・エグゼンプション導入ならず時代遅れの労働時間規制 「残業代ゼロ」でも改革は必要大内信哉(神戸大学大学院法学研究科教授)【SPECIAL INTERVIEW】「定額働かせ放題法案」の誤解大卒・年収700万円以上の労働者の労働時間は長くならない山本 勲(慶應義塾大学商学部教授)働かないオジサンが滞留 大企業を変える劇薬は副業担当○○、××代理、△△リーダーであふれかえる職場大江紀洋(Wedge編集部)成果につながる「がんばり」を 努力は「量」から「質」へ『がんばると迷惑な人』中村宏之(読売新聞東京本社調査研究本部 主任研究員)■PART 3 裁量があっても長時間労働日本人はなぜ休めないのかWedge編集部お上主導で祝日だらけ 効率の悪い日本の“休み方”磯山友幸(経済ジャーナリスト)※この電子書籍は、月刊『Wedge』2015年10月号に掲載された記事、及びウェブマガジン『WEDGE Infinity』に掲載された記事を一部編集したものです。記事中の事実関係、データ、肩書き等は掲載当時のものです。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/11/27
    出版社
    ウェッジ
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード