少しかしこくなれる野菜の話

藤田智

649円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    イチゴの赤い部分は果実じゃない? 東西で異なる日本のカブ? 東京が生産量日本一の野菜とは? 「インドのホウレンソウ」ってなに? など、野菜のフシギを、ひと目でわかるイラストと簡単な解説文で紹介!!※電子版では、紙で出版された内容と一部異なる場合や、削除及び修正している写真、イラスト、ページなどがある場合がございます。予めご了承の上、お楽しみください。

    続きを読む
    • 少しかしこくなれる野菜の話 全 1 冊

      未購入の巻をまとめて購入

      少しかしこくなれる野菜の話 全 1 冊

      649円(税込)
      6pt獲得
    新刊を予約購入する

    レビュー

    レビューコメント
    • たしかに最近キュウリのトゲトゲみないねー。あと薩摩芋は琉球芋だったのは納得、紅芋も沖縄、涙そうそうも夏川りみじゃなくてBEGINが作曲だよね、沖縄友人健さんから聞いております。私自身も琉球派ー

    • ブックウォーカー版。いろんな野菜を1ページに1つ紹介。イラスト大きめで、印象に残る。名前の由来とか原産地の雑学がおもしろかった。きゅうりは熟すと黄色くなるので黄瓜というのは知らんかったなぁ。少しかしこ...

      続きを読む
    • 野菜のうんちくをテレビでおなじみの藤田先生がまとめた本。サヤインゲンは、日本に伝えたのが江戸時代に中国から招かれていた隠元禅師というお坊さんだったため名付けられた、とのこと。その他にも、そうなんだ〜、...

      続きを読む
    • やさいのうんちくがいろいろと書かれている本。これ、たぶん子供に読ませたらいんじゃないかな。このシリーズはタイトルだけでだいたいのことは分かるから、読みやすさの工夫が好き。

    • ネタバレ

      この内容にはネタバレが含まれています

    セーフモード