【最新刊】青い瞳

青い瞳

岩松了

1,100円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    演出家・映画監督・俳優として活躍する岩松了が、シアターコクーン・オンレパートリー2015のために書き下ろした最新戯曲。戦場から帰ってきた兵士ツトムと彼を迎える父、妹、そして母。戦場に行くまでの自分と、そして家族との遠い隔たりを抱えつつ、母の思いに応えようとするツトム。ツトム── 戦場で、塹壕に身を潜めている時、夜営のテントが息苦しくなって外に出て風を感じている時、ふと、あの時のおまえの青い瞳を思い出した……。悲しいでもない、嬉しいでもない……。どこかでその瞳に見られているような気がしていた……。ミチル── 戦争が終わった……。だから私たちには平和が訪れるはずよ。そうでしょう? カオル── 「母親が我が子をかわいいと言うかぎりこの世から戦争はなくなりませんよ。」あなたはそう言ったのよ。「平和」の中に「戦争」はないのか。岩松了が戦争の意味を静かに問う。帰還兵ツトムを演じるのは、中村獅童。妹役に前田敦子、妹の恋人役に上田竜也、ツトムの子供時代に信頼を寄せていた年上の男に勝村政信。そして父役が岩松了、母役を伊藤蘭が演じる。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/11/19
    出版社
    ポット出版
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • null巻2016/02/06Posted by ブクログ

      昨年見に行った舞台の戯曲。舞台を一度見ただけでは理解できなかったので購入に至りましたが…まァ難しい!笑
      じっくりゆっくり解読していきたいです、ハイ。

    セーフモード