僕と死神の白い罠

天野頌子 bookwall(イラスト)

712円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    黒い噂の絶えない名家に生まれたがゆえ、命を狙われ続ける運命を背負った孤高の少年・海堂凜。そして彼をあらゆる危機から救い出し守り抜く使命を担うボディガードの永瀬。見えない糸で繋がれた二人の絆は、異邦の美青年二人組の出会いと、永瀬の「素顔」に疑念を抱く刑事の存在により複雑に絡み合っていく。笑顔の裏の陰謀、そして永瀬の隠された過去が少しずつ明らかになり……。

    続きを読む

    レビュー

    3.4
    10
    5
    0
    4
    4
    3
    6
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/10/27Posted by ブクログ

      執事や永瀬さんに休息やなんかがあるのかしら?と思っていたら、それが垣間見えました。ただ永瀬さんはさっぱりでしたが。素朴な疑問。たった1人で24時間体制で凜を警護してて、いつトイレに行ったり眠ってるんだ...

      続きを読む
    • 2018/10/13Posted by ブクログ

      凜と永瀬が出会ったカトゥラムの王族の公子と従者の企みや友人と泊まる舞浜。小学六年生でありながら凜には遊楽の隙もなく常に危険が付き物で孤高で、スマートで頼もしい永瀬との確かな絆に胸がきゅんとする。博士の...

      続きを読む
    • 2018/06/27Posted by ブクログ

      【未確定な未来を自分の価値観だけで決めつけていたら】

      そういえば続きものだったと自身で書いた過去作のレビューを読んで思わず苦笑した。

      講談社タイガへの恨み辛みが長々と、当時は講談社タイガ全巻読破し...

      続きを読む
    開く

    セーフモード