ボヴァリー夫人(新潮文庫)

フローベール/芳川泰久/訳

979円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 489(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

獲得

娘時代に恋愛小説を読み耽った美しいエンマは、田舎医者シャルルとの退屈な新婚生活に倦んでいた。やがてエンマは夫の目を盗んで、色男のロドルフや青年書記レオンとの情事にのめりこみ莫大な借金を残して服毒自殺を遂げる。一地方のありふれた姦通事件を、芸術に昇華させたフランス近代小説の金字塔を、徹底した推敲を施した原文の息づかいそのままに日本語に再現した決定版新訳。

続きを読む
新刊を予約購入する

レビュー

レビューコメント(10件)
  • 2017/10/15

    でたらめな父親と、気位の高い母親にふりまわされて
    シャルル・ボヴァリー氏は自分では何もできない男だった
    親の言うまま勉強して医者になり
    親の言うまま資産ある中年女を嫁にとった
    しかし患者の家で出会った...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
  • 2019/01/17
    ネタバレ
    この内容にはネタバレが含まれています
    Posted by ブクログ
  • 2020/11/19

    冷静で緻密な描写に終始圧巻される。
    ストーリー自体は現代ではありふれた転落劇だが、これでもかと積み重ねられた情景描写が雄弁で士気迫ってくるものがある。
    農業共進会でのロドルフとの逢引シーンが素晴らしい...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
他のレビューをもっと見る

セーフモード