バロンドリロンド (2)―栄光に一発!―

原作:北沢未也 作画:梶川卓郎

605円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ▼第9話/すれ違う森 ▼第10話/雨降る夜空に ▼第11話/Go To The 府中 ▼第12話/レッドクローバーを追え! ▼第13話/不信と約束 ▼第14話/逢引 ▼第15話/マコと呼ばないで ▼第16話/晴天の霹靂(へきれき) ▼第17話/栄光に一発! ▼第18話/優駿の門出 ●おもな登場人物/佐倉真子(3年目のJRA騎手。最近、騎乗機会自体が減少し崖っぷち。亡き父ゆかりの馬・バロンドリロンドに乗って、状況を打ち破ろうとしている)、バロンドリロンド(競走馬。三冠馬・オスカーラモーンと四冠馬・ナンシーサンダースとの間に生まれた“七冠ベイビー”。人語を解する?) ●あらすじ/美浦トレーニングセンターへの入厩の日を迎えたバロン。その様子を見に真子が訪れるも、佐倉親子の過去の仕打ちを知った唐沢は面会を拒否。さらに南方から冷たい言葉を受けた真子はムキになって、気性の激しい馬と評判のレッドクローバーに乗って次レースに勝つと宣言してしまう。さっそく森林馬道で調教を始めたが、そこには偶然バロンの姿もあって…(第9話)。 ●本巻の特徴/バロンへの騎乗を快く思わぬスタッフに認めさせるため、まずは別の馬に乗っての次レースで勝利をめざす真子。だが、その馬は馬体520kg以上もある上、暴れ馬と評判のレッドクローバーで…!? ●その他の登場人物/沖田(美浦トレセン所属の調教師。女性への偏見からか、真子を快く思っていない)、桜井(真子と同期の騎手。真子とはライバル関係)、山口礼子(競馬誌『さらぶれっず』記者。最近までファッション誌の編集者で、競馬は素人同然。真子に興味を持つ)、南方(バロン担当の調教厩務員。佐倉家とは親の代から因縁がある)、唐沢(バロン担当の沖田厩舎厩務員。真子がバロンを利用していると思い反感を抱く)

    続きを読む
    • バロンドリロンド 全 6 巻

      未購入巻をまとめて購入

      バロンドリロンド 全 6 巻

      3,630円(税込)
      36pt獲得

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード