【完結済み】バロンドリロンド (1)―シンデレラガールと白い馬―

バロンドリロンド
完結6冊

原作:北沢未也 作画:梶川卓郎

594円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    ▼第1話/シンデレラガールと白い馬 ▼第2話/史上最凶の逃げ馬 ▼第3話/美浦という名の戦場 ▼第4話/トレセンの女 ▼第5話/天狗山にて向かい風 ▼第6話/昼下がりの美談 ▼第7話/女神の本性 ▼第8話/出発 ●おもな登場人物/佐倉真子(3年目のJRA騎手。最近、騎乗機会自体が減少し崖っぷち。亡き父ゆかりの馬・バロンドリロンドに乗って、状況を打ち破ろうとしている)、バロンドリロンド(競走馬。三冠馬・オスカーラモーンと四冠馬・ナンシーサンダースとの間に生まれた“七冠ベイビー”。人語を解する?) ●あらすじ/カリスマ馬主だった父をもち、デビュー当時は注目されていた女性騎手・佐倉真子。だが、三年経った現在では、レースに出場する回数も激減。周囲からは“親の七光り”と陰口を叩かれ、電気代も滞納するほどの困窮ぶり。崖っぷち逆転を誓い、亡き父ゆかりの良血馬・バロンドリロンドに騎乗すべく走り出したが…(第1話)。 ●本巻の特徴/女帝・ナンシーサンダースの仔に乗って、女性初GIジョッキーになると目指したのも今は昔。現在、崖っぷち状態の真子は、ナンシーの血を継ぐバロンドリロンドの騎乗を目指すが、この馬は人間を乗せることを嫌っているようで…? 快走競馬コミック、新登場!! ●その他の登場人物/沖田(美浦トレセン所属の調教師。女性への偏見からか、真子を快く思っていない)、桜井(真子と同期の騎手。真子とはライバル関係)、山口礼子(競馬誌『さらぶれっず』記者。最近までファッション誌の編集者で、競馬は素人同然。真子に興味を持つ)

    続きを読む

    本作品は、いわゆる成人向け作品ではありませんが、一部暴力的または性的な描写が含まれていますので、ご購入はご自身の判断と責任において行ってください。

    ページ数
    207ページ
    提供開始日
    2015/11/20
    連載誌/レーベル
    ビッグコミックスピリッツ
    出版社
    小学館
    ジャンル
    青年マンガ
    • バロンドリロンド 全 6 巻

      未購入巻をまとめて購入

      バロンドリロンド 全 6 巻

      3,564円(税込)
      35pt獲得

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード