秘書に哀れみのキスを

キャシー・ウィリアムズ 翻訳:漆原 麗

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    まさにこのボスは独裁者だわ。私の心まで支配してしまうなんて。 10代で両親を失って以来、懸命に働いてきた秘書のテッサは、妹の学費を賄うため、より待遇のいい会社への転職を決めた。ところが出社するなり、テッサは衝撃を受ける。社長のカーティスは仕事はもちろん、コーヒーの味にも文句をつけ、あげくは自分の娘の面倒まで秘書に見させる独裁者だった。さらに気がかりなのは、彼がこれまで採用してきた歴代の秘書は全員、地味で平凡なテッサとは正反対のセクシーな美女ばかり。ほんとうに私にこの人の秘書が務まるのかしら? ある日、うっかりして足をくじいてしまったテッサは、思いがけずカーティスに世話を焼かれて、ときめきを覚えるが……。 ■キャシー・ウィリアムズが得意とする、地味で堅物なヒロインのシンデレラ・ロマンスです。「秘書は見た目がよくて頭が空っぽであればいい」と言い放つヒーローの変貌ぶりにご注目ください。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード