芥川竜之介随筆集

石割透編

1,034円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    芥川竜之介は、小説の他に、随筆、回想、小文も多く残している。芥川は、随筆を「清閑の所産を誇っていた文芸」として特に愛好した。古今東西にわたる深い学識、郷里(現・墨田区向島)への想い、交友を大事にした人柄など、芥川の素顔を良く伝えている。多岐にわたる珠玉の随筆を精選して初めてまとめる。詳細な注解を付した。

    続きを読む

    レビュー

    レビューコメント(3件)
    • 2015/06/15
      ネタバレ
      この内容にはネタバレが含まれています
      Posted by ブクログ
    • 2014/04/19

      この随筆集に収められているなかでは「野人生計事」、「漱石山房の秋」、「漱石山房の冬」、「内田百間」がお気に入りです。この随筆集では氏の暗さは感じられず、静謐感が一面に漂っている印象を持ちました。

      Posted by ブクログ
    • 2014/05/14

      岩波文庫の字は小さくて読みにくいと思ってたけど、新しい本は活字が大きめで読みやすかった。芥川のエッセイは、こんなにまとめて読んだことなかった。

      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード