走殿

楠田文人

324円(税込)
1%獲得

3pt(1%)内訳を見る

    「走る? 走るとはなんじゃ。余は知らぬぞ」殿は生まれてこの方、走られたことがない。必要がなかったからだ。ある日、殿は籠の小窓から飛脚を見て、「走る」楽しさを知ってしまった。「爺。余は走りたくなった」殿がそう言いだしたからには、仕方がない。まだ一度も走ったことのない殿を走らせるために、爺は走りの師匠を呼び寄せて、殿に走り方を教えるよう命じた。「お任せください。必ずや、城内一の早足にして差し上げます」師匠は殿に、そう約束したのだが…

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード