【最新刊】あらすじとイラストでわかる日本の仏教

あらすじとイラストでわかる日本の仏教

知的発見!探検隊

594円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    日本人にとって、最も身近な宗教といえる仏教。葬式にはお坊さんにお経を読んでもらい、お彼岸やお盆では先祖を供養する。もともとの釈迦の教えからは離れた部分もありながら鎌倉時代に花開いた日本独自の仏教は、いまも民衆の生活に深く根付いているのだ。仏教誕生から日本伝来までの歴史、後世に名を残した名僧の素顔、各宗派の教義の違い、各仏教行事の本来の意味や意外な由来など……、この一冊を読めば「日本人にとっての仏教」がわかる!

    続きを読む
    提供開始日
    2015/11/12
    連載誌/レーベル
    文庫ぎんが堂

    レビュー

    レビューコメント
    • あらすじとイラス...

      仏教の入門書として最適な一冊。何気なく我々の生活に根付いている仏教たが、本来は知っておくべき事項が満載。

    • あらすじとイラス...

      仏教について理解が深まる本。明王がもともとは如来で、如来が怒った姿というのには驚いた。他にも大袈裟の語源や、108煩悩の108が四苦八苦から来ているなど、仏教に関するトリビアも面白かった。

    セーフモード