【最新刊】春秋の名君

春秋の名君

1冊

宮城谷昌光

492円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    古代中国の壮大華麗な歴史ロマンを風格ある筆致で描き出し読者を魅了し続ける著者が、鄭の武公・荘公から越の勾践にいたる春秋の名君12人を1人ずつとりあげ語る。さらに、司馬遼太郎さんのこと、『孟嘗君』『重耳』『介子推』から『晏子』に至る創作の秘密まで、宮城谷ワールドの魅力を明かす貴重な随筆集。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/11/13
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    3.1
    10
    5
    0
    4
    3
    3
    5
    2
    2
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/05/29Posted by ブクログ

      いろんな媒体に書いた短いエッセイをかき集めたもの。
      普通におもしろいけど物足りない。春秋関係ないじゃんというものもあったし。でも十八史略を読んでみたくなったのも確か。

    • 2018/04/19Posted by ブクログ

      三章からなるエッセイ。一章は表題通り、春秋の時代に活躍した君主たちの紹介。二章は作品に関連した随筆。三章は人生を振り返っての随筆。宮城谷さんの真面目さ、一途に熱中する様等、楽しかったです。

    • 2016/02/26Posted by ブクログ

       春秋時代とは秦王朝樹立の200年前、紀元前700~400年前である。中国歴史ドラマ『孔子』を毎晩ビール片手に飲みながら観ている。孔子の生きた時代とあってタイミングがよかった。内容よりも作家「宮城谷」...

      続きを読む
    開く

    セーフモード