【最新刊】《叛逆航路》ユニバース (4) 動乱星系

《叛逆航路》ユニバース

4冊

著:アン・レッキー 訳:赤尾秀子

1,222円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    AIの独立と内戦に揺れるラドチ圏から遠く離れた、辺境の星系国家。有力政治家の娘イングレイは兄との後継争いにおける大逆転を狙い、政敵の秘密を握る人物を流刑地から脱走させる。ところが、引き渡されたのはまったくの別人だった。進退窮まったイングレイは、彼人になりすましをさせるという賭けに出る。だが折も折、来訪中の隣国有力者の殺人事件が発生。次から次へと想定外の事態が展開し、異星種族をも巻きこむ一触即発の危機に……。ヒューゴー賞、ネビュラ賞、星雲賞など全世界計13冠制覇の《叛逆航路》ユニバース、待望の新作登場!/解説=山之口洋

    続きを読む
    提供開始日
    2018/09/20
    出版社
    東京創元社
    ジャンル
    文芸
    • 《叛逆航路》ユニバース 全 4 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      《叛逆航路》ユニバース 全 4 巻

      4,990円(税込)
      49pt獲得

    レビュー

    3.7
    34
    5
    10
    4
    13
    3
    3
    2
    7
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2018/12/25Posted by ブクログ

      こんな未来なのに専制国家&皇帝って、人類ってどうなの?はさておき、面白かった。主人公はアンシラリー(属躰)。アンシラリーは、捕虜を生体兵器に改造して人格を宇宙戦艦のAIで上書いちゃうんだよ!おぞまし過...

      続きを読む
    • 2018/12/25Posted by ブクログ

      面白かったです。登場人物は男女の区別なく「彼女」と表現される。主人公の乗船する戦艦AIがの統べる乗員の情報をリアルタイムに知覚することができ、それが描写される。油断していると、誰だっけ?この人どこにい...

      続きを読む
    • 2018/12/25Posted by ブクログ

      AIがどのように考え、感じ取っているかの描写が繊細。派手なアクションは無かったものの、徐々に解き明かされる世界観が綿密に構築されていて楽しかったです。最後の短編も、なるほどねぇ〜。

    開く

    セーフモード