【最新刊】戦後七十年の真実

戦後七十年の真実

1冊

渡部昇一

770円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    昭和20年――著者14歳。故郷山形県鶴岡で終戦を迎えた。戦前は“ごく普通の”軍国少年だった著者の目に、終戦はどう映ったのか――。保守論壇の重鎮が、日本の「戦後70年」を総括する。日本の国史を知るためには、日本の虹を見なければなりません。その虹を見るとは「皇室がいかに見えるか」ということなのです。戦後、その虹を見せまいと努力したのが占領政策であり、その占領政策を意識的に維持しようとしたのが日本の左翼勢力であり、教育現場で実践したのが日教組であると断定していいのではないでしょうか。――本文より

    続きを読む
    提供開始日
    2015/11/11
    連載誌/レーベル
    扶桑社BOOKS

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード