【最新刊】鬼さん、どちら

鬼さん、どちら

1冊

有永イネ

607円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

三千人にひとり「鬼」のいる日常。「鬼」には「先天性頭部突起症」という名前がつけられ、節分の風習もなくなった。周囲に気をつかわれながら生きている鬼の女子高生・崎、崎のことが気にかかる同級生・ゆいこ、「突起症の天才少年」という過去を引きずるチェロ弾き・真央、かつて「鬼」だったがツノを切除した奥富、「鬼」を嫌悪する崎の担任・端場――――「鬼」という存在が浮き彫りにする人間の弱さと強さの物語、5篇を収録。

続きを読む
ページ数
226ページ
提供開始日
2015/11/12
連載誌/レーベル
IKKIコミックス
出版社
小学館
ジャンル
青年マンガ
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

4.6
6
5
4
4
2
3
0
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2019/10/10Posted by ブクログ

    有永イネさんの作品『鬼さん、どちら(2015)』を観読了。有永イネさんの作品は・・今年の7月に読んだ「さらば、やさしいゆうづる(2012)」以来です。 いやー、今回は・・”差別”を・・考えさせられる物...

    続きを読む
  • 2016/07/07Posted by ブクログ

    全1巻 三千人にひとり頭に突起の出来る「鬼」がいる日常、差別問題から浮き彫りになる人間の醜さ、優しさが胸を刺す作品

  • 2016/06/16Posted by ブクログ

    「強くて脆い、醜くて美しい人間のすがた」

    頭に角が生えている「鬼」のいる世界。彼らは三千人にひとりの確率で生まれ、「先天性頭部突起症」と認定を受け暮らしていた。鬼でない者は鬼に様々な種類の偏見を持ち...

    続きを読む
開く

セーフモード