【最新刊】「いい人だけどグズ」を直したい人が読む本―仕事・人間関係のクヨクヨを晴らす考え方

「いい人だけどグズ」を直したい人が読む本―仕事・人間関係のクヨクヨを晴らす考え方
1冊

斎藤茂太

1,123円(税込)
ポイント 11pt

通常ポイント:11pt

「うつとグズの応援団」を長年、自認してきた著者のアドバイス集大成。考えすぎてしまう人、行動力が乏しい人、要領の悪い人、損な性格だと感じている人、人間関係が苦手な人…… 「いい人だけどグズ」は悪いことばかりではないが直せるし、自分を見つめることで前向きにもなれる。共感と元気をもたらすモタさん本の登場。「世のため、人のため、なにより自分のためにもっとがんばろう」と思いながらも、「自分としてはがんばっているつもりなのに、どうもうまくいかない」「がんばりたいのに、がんばれない」という人々が前向きになれると同時に、周囲の人も生き生きできるような珠玉の応援メッセージが満載! 【著者情報】斎藤茂太(さいとう・しげた)1916年、東京生まれ。医学博士。精神神経科・斎藤病院名誉院長。現代人の心のケアにつとめるかたわら、日本旅行作家協会会長、日本ペンクラブ名誉会員、アルコール健康医学協会会長など要職を兼務。執筆、講演活動など多方面で活躍中。温かく人間味あふれる人柄にファンは多い。『いい言葉は、いい人生をつくる』『グズをなおせば人生はうまくいく』『会社・仕事・人間関係が「もうイヤだ!」と思ったとき読む本』など著書多数。歌人・斎藤茂吉の長男、作家・北杜夫は実弟。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)【目次】まえがき第1章 考えすぎてしまう人へ… 自分をほめる習慣をつけよう第2章 行動力がない人へ… 根拠がない自信を持ってみよう第3章 要領の悪い人へ… 自分の足元を見直してみよう第4章 損な性格だと感じている人へ… 損して得をとろう第5章 人間関係が苦手な人へ… 感謝の気持ちを口に出そう

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード