金融商品取引法入門

著者:栗原 脩

1,980円(税込)
1%獲得

19pt(1%)内訳を見る

    複雑な法体系を明解にする金商法入門書の決定版「有価証券に対する投資においては、本来的な投資リスク(たとえば、株式における価格変動リスクや発行会社の倒産リスク)は投資家自らが判断し負担することが求められる。金商法は、そのような自律的な投資行動が可能(容易)になるような「基盤」を整備するものとしてとらえられる。」~「第1章」より抜粋~   ◆資本市場の拡大・多様化から金融商品取引法の重要性は一段と高まっており、ビジネスパーソンにとってその基本的法理を理解することは不可欠。◆広範かつ膨大な内容を誇る金融商品取引法。度重なる改正により、その内容はますます複雑化している。本書は金融商品取引法の骨格を体系的に説明し、基底にある法理の理解に資するようにわかりやすく丁寧に解説。◆証券取引を規制するための特別の法律として制定された歴史的背景、内外の出来事を紹介。米国連邦証券規制の沿革とポイントを織り込み、国際的な視点から金融商品取引法を鳥瞰。◆金融商品取引法について理解を深めたい一般企業、金融機関等の役職員、必読の書。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード