【最新刊】P+D BOOKS 熱風

P+D BOOKS 熱風

1冊

中上健次

715円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    中上健次、未完の遺作が初単行本化&電子化!1個3億円のエメラルド3個を携え、ブラジルから来日したオリエントの康の遺児タケオは、新宿で「中本」の一統である“毒味男”や、オリュウノオバの甥っ子である“九階の怪人”と出会う。“毒味男”の一味は、最初に地上げ屋の斎藤順一郎を焼き殺したが、彼らの周囲をGメンが嗅ぎ回り始めので、一味はと共に紀州・新宮へ舞い戻る。そして、次の標的に土地の実力者・佐倉(この時、130歳近い年齢だが)を選ぶのだが……。新たな抗争の予感を湛える長編。「千年の愉楽」の続編ともいえる未完作。「週刊ポスト」にて連載中に絶筆した。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/11/13
    連載誌/レーベル
    P+D BOOKS
    出版社
    小学館/文芸
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    0
    0
    5
    0
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2016/04/11Posted by ブクログ

      ▼電子立ち読みあります▼
      http://shogakukan.tameshiyo.me/9784093522380

      中上健次、未完の遺作が初単行本化&電子化!

      1個3億円のエメラルド3個を携え...

      続きを読む
    • 2015/12/01Posted by ブクログ

      中上健次の未完長編。
      P+D BOOKSはこれまで復刊されていなかったタイトルを上手い具合にすくい上げているので重宝しているのだが、これもその1冊。
      ただ、未完に終わっただけあって、どうにも消化不良感...

      続きを読む

    セーフモード