公器の幻影

芦崎笙

715円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    現役の財務省官僚作家が描くメディアの裏側。地方紙から中央紙「東西新聞」に移った鹿島謙吾には野心があり、いつの日か自分が書いた記事で政治家の「首」を取ることを、新聞記者としての目標としていた。中国の西安で死刑囚の臓器が金銭絡みで日本人患者に移植されているという事実を鹿島は突き止め記事にするが、中国政府は強く反発し、日本国内でも臓器提供の要件緩和を目指す法案が動き出す。臓器移植法案を政争の具として蠢く政治家たち。鹿島はさらに脳死判定におけるデータ改竄と政治家たちの違法献金を追うが、それを公にすることは移植手術を待つ患者たちの希望を打ち砕くことにもなってしまう。正義か、信条か、功名心か、揺れ動く鹿島の決断は……。著者は「スコールの夜」で第5回日経小説大賞を受賞して話題を集めた現役財務省キャリア官僚・芦崎笙氏。受賞作では大手都市銀行初の女性管理職に抜擢されたヒロインの苦闘を描き金融界の深層に迫ったが、本作で選んだテーマは政治をも動かす巨大メディアでの新聞。政治家の「首」を狙う野心溢れる新聞記者の生き方を通して、公器(マスコミ)とは何かを問いかける。

    続きを読む

    レビュー

    • 2015/08/08Posted by ブクログ

      新聞記者のスクープに対する思い。臓器移植が抱える様々な問題。新鮮な臓器を待つ大切な我が子を見守る親の気持ち、突然やってる我が子の事故による脳死判定の様子。どちらもリアルで辛い。

    • 2016/04/16Posted by ブクログ

      迫力のある作品です。
      大手新聞社の若手遊軍記者が臓器移植を巡る政治腐敗に迫る内容。
      本の帯にある「正義か、信条か、功名心か。」のように、真っ直ぐな主人公の記者としての苦悩がよく表れています。
      臓器移植...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2016/03/08Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード