中国ショック 株・原油暴落

谷口健/井出真吾/黒岩泰/嶌峰義清/斎藤裕司/瀬良礼子/忍足真理/土信田雅之/金森俊樹/中川美帆/上野隆/芥田知至/伊藤敏憲/野神隆之/岩間剛一/増野伊登/畑中美樹/伊藤庄一/坂口安紀/福田安志/森重彰浩/丸山仁見/荒木宏香/新村直弘/柴田明夫/週刊エコノミスト編集部

220円(税込)
1%獲得

2pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    中国経済の失速と原油価格の暴落で、世界同時不況の足音が聞こえ始めた。株式、為替市場は一気に不安定になり、オイルマネーの逆流は新興国を危機に陥れる。暗雲漂う世界経済の先行きを読む。 本書は週刊エコノミスト2015年9月8日号で掲載された特集「中国ショック 株・原油暴落」の記事を電子書籍にしたものです。目 次:はじめに・日米中の株安連鎖 緩和も財政も限界・2015年度末までの株価・為替の見通しは?   日本株   ドル・円相場   中国株・震源地・中国 悪化する「李克強指数」 深刻な地方住宅在庫の重荷・原油30ドル時代の幕開け 世界中でマネー逆流・アナリストが予想 どうなる原油価格   来春には35ドル割れも視野   低迷続き30~55ドルの範囲   10月以降は上昇に転じる・原油がまだ下がる六つの理由 シェール生産コストは3割減   イラクは過去最高 イスラム国の進撃まぬがれる・これからが本番! 米シェール企業とサウジの消耗戦・制裁解除のインパクト イラン輸出日量100万バレル増加 ・イラン進出企業が続々 欧州が先行、日本にもチャンス・原油安の負け組   ロシア GDP4・6%減、インフレ率16%   ベネズエラ 生活困窮、デフォルトの危機   湾岸諸国 サウジは国債発行で穴埋め・日本経済 GDPを0・1%押し上げ・得する企業 運輸、タイヤなど 損する企業 石油元売りや商社・金、鉄、非鉄 軒並み下がった商品価格・穀物 大豊作でも下値余地少ない

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード