中国経済「1100兆円破綻」の衝撃

30%OFF

近藤大介

715円500円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    「中国経済は、いったいどうなってしまうのか?」実はこうした質問に対する「回答」を、2015年の「国慶節」(10月1日の建国記念日)の直前に、中国政府自身が作っている。国務院(中央官庁)で財政分野と投資分野をそれぞれ統括する、財政部と国家発展改革委員会の官僚たちが、共同でまとめたとされる<中国経済の近未来予測>なるものの内容が漏れ伝わってきている。それは一言で言えば、悲観的な未来予測だった。

    続きを読む

    レビュー

    3.5
    6
    5
    1
    4
    2
    3
    2
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/10/28Posted by ブクログ

      タイトルにある「1100兆円」とは、中国における地方の負債480兆円、不良債権36兆円と2015年夏の株価暴落による損失560兆円を足したものです。
      本書では、この「1100兆円」という損失ですら序章...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2017/07/08Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2017/03/03Posted by ブクログ

      著者は、天安門事件以来25年余り中国報道に関わり、これまで100回以上の訪中経験もある中国通である。
      本書では、これまでの経験で培ってきた人脈(学者やメディア関係者など)から得た情報が満載であり、政府...

      続きを読む
    開く

    セーフモード