マグダラで眠れ

著者:支倉凍砂 イラスト:鍋島テツヒロ

627円(税込)

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    人々が新たなる技術を求め、異教徒の住む地へ領土を広げようとしている時代。錬金術師の青年クースラは、研究の過程で教会に背く行動を取った罰として、昔なじみの錬金術師ウェランドと共に戦争の前線の町グルベッティの工房に送られることになる。 グルベッティの町で、クースラたちは前任の錬金術師が謎の死を遂げたことを知る。その足で出向いた工房。そこでは、白い修道女フェネシスが彼らを待ち受けていた。彼女はクースラたちを監視するというが ──? 眠らない錬金術師クースラと白い修道女フェネシスが紡ぐ、その 「先」 の世界を目指すファンタジー、ついに開幕!

    続きを読む
    • マグダラで眠れ 全 8 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      マグダラで眠れ 全 8 巻

      5,126円(税込)
      51pt獲得

    レビュー

    • 2013/06/10Posted by ブクログ

      第3巻を読破。

      前回で無事新たな土地へ行けることになったクースラたち。

      そのための引っ越し作業で忙しい錬金術師たちの工房では、クースラとフェネシスがまたしてもひと悶着起こしていて。

      財産隠しに怒...

      続きを読む
    • 2013/02/04Posted by ブクログ

      第1巻を読破。

      この方の前シリーズ「狼と香辛料」は読んだことはなくて。

      今回は新作ということで手に取り、冒頭数ページとあらすじを読んで買ってみました。

      イラストも私好みでしたし。

      で、おもしろ...

      続きを読む
    • 2013/02/15Posted by ブクログ

      第2巻を読破。

      前回のラストで順風満帆かと思われたクースラたち錬金術師ですが、世間はそう甘くなかった、と。

      戦場の最前線だった町が、しばらくすると最前線ではなくなるかもしれない――という噂が届いて...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001576482","price":"627"}]

    セーフモード