「51歳の左遷」からすべては始まった 大逆転のリーダーシップ論

著:川淵三郎

679円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    プロサッカー「Jリーグ」を誕生させ、日本をワールドカップの常連国にまで成長させた功労者・川淵三郎キャプテン。その類まれなリーダーシップは、なぜ発揮できたのか? 一度はサッカー界から身を引くつもりだった人生に、何が起きたのか? その転機は、意外にもサラリーマン時代の左遷人事にあった。五十歳をすぎて味わった挫折。それから二十年、人生後半に賭けた新たな夢とは──。本書は、かつて「独裁者」と呼ばれ革命を起こした男が、サラリーマン時代の失敗談から、家族との交流までを包み隠さず明かした体験的リーダー論である。その内容は「人事異動の伝え方」「引き際の判断」「リスクマネジメント」「飲み会はしない」「嫌われ役でいい」など、著者自身、古河電工で三十年も働いてきた体験をもとに綴られている。指導者の流儀とは、組織に生きるとは、そして、人間力を磨くためには……。苦境に立たされるビジネスマン諸氏に、熱く語った応援メッセージ。

    続きを読む

    レビュー

    3.4
    11
    5
    0
    4
    6
    3
    4
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/03/02Posted by ブクログ

      この人は、本当にキャプテンだなぁと思う。自分にも他人にも厳しい人。ちょっと息が詰まるところもありそうだけれど、チームをけん引するということは厳しさも必要なのだろう。川淵キャプテンには、信念と覚悟がある...

      続きを読む
    • 2016/11/21Posted by ブクログ

      サラリーマン時代の経験を基に、川淵キャプテンが当時何を考えていたかは(各エピソードを通して)伝わってくる。一方、ビジネス書的「(サラリーマン的)リーダー論」として読むと至って普通な印象。

    • 2015/07/02Posted by ブクログ

      【No.177】「職場は全員が同じ思いで仕事をしているわけではない。ある者は”もうやっていけない”と感じ、ある者は”まだまだ我慢できる”となる。やっていけないという者の考えや評判を聞きながら、我慢でき...

      続きを読む
    開く

    セーフモード