認知症がイヤなら「腸」を鍛えなさい

新谷弘実

864円(税込)
ポイント 8pt

ミリオンセラー『病気にならない生き方』のDr.新谷が教える100歳まで「腸」を司る習慣●ボケるボケないは食歴に応じた「腸」の老化で決まる人体で老化が始まるのは外見だけでなく、内臓も同様である。とくに腸の老化は始まりが早く、食歴に応じてその度合いは進みやすくなる。実年齢と見た目の年齢がいい意味で違っていればよいが、見た目が老けている人は腸年齢が進んでいることが考えられる。腸の年齢を知り、その特性にあわせた正しい食事や運動、服薬、就寝の習慣をおくった人が、いつまでも体がサビつかず、腸の若さを保ち、若々しくいられ、ボケを防ぐことができる。「病気にならない生き方」の著者が贈る認知症時代に必読の健康書。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

セーフモード