【最新刊】クリスマス・ストーリー2011 四つの愛の物語

クリスマス・ストーリー2011 四つの愛の物語

1冊

シャロン・ケンドリック/キャロル・モーティマー/ジェイン・ポーター/キャサリン・ジョージ 翻訳:霜月 桂/古沢絵里/藤倉詩音/上村悦子

1,100円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ◆『クリスマスに間に合えば』― アメリカ人の夫との結婚生活に破れ、クレミーはイギリスの緑豊かな町へと戻ってきた。引っ越しの荷物も片づかないうちに、クレミーは信じられない偶然を知る。12年前の高校卒業記念ダンスパーティの晩、熱いキスを交わしたアレックが隣家に住んでいたのだ。 ◆『億万長者の贈り物』― ベスは2年前の事故で夫と両親を同時に失った。あんな悲しみはもう二度と味わいたくなくて、他人と深くかかわるのを避けている。恋愛などもってのほかだ。だが、みぞれ混じりの雨が降る朝、裕福な実業家ニックと出会い、彼女の凍てついた心は揺さぶられ……。 ◆『愛を忘れた伯爵』― ベネチアの壮麗な宮殿では仮面舞踏会が催されている。悲惨な事故で逝った夫ドメニコの生家を衝動的に訪れたのをダイアンは後悔した。こんなことをしても過去は変えられない。ふと近づいてきた男が仮面を外したとき、彼女は息をのんだ。亡き夫がなぜここに? ◆『キャンドルナイトの誘惑』― ジョージアはひとり静かに休暇を過ごすため、かつて両親が暮らしていたコテージに来た。ところがその晩、コテージの所有者で憧れの男性チャンスが突然現れ、近辺に洪水の危機が迫っていると告げた。図らずもジョージアは彼の屋敷でクリスマスを過ごすことに。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/11/12

    レビュー

    3
    2
    5
    0
    4
    0
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2012/07/18Posted by ブクログ

      「クリスマス・ストーリー2011」四作品。
      1「クリスマスに間に合えば(シャロン・ケンドリック)」
       ヒーローには苛々したけど全体的に良かった。12年前に忘れられないキスをした二人。互いに別々の相手と...

      続きを読む
    • 2012/04/02Posted by ブクログ

      シャロンケンドリック 出だしはいつものごとくヒロイン傷つけ傲慢男、建築家で離婚死別妻に娘一人のアレック。離婚、娘二人のクレミー。高校卒業後の12年後に再会した二人は…。★★★
      キャロルモーティマー 夫...

      続きを読む

    セーフモード