空母いぶき 1巻

かわぐちかいじ 協力:惠谷治

605円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

『沈黙の艦隊』『ジパング』に続く、かわぐちかいじの新軍事エンターテインメント第1集!! 20XX年、尖閣諸島沖で海上自衛隊と中国海軍が衝突!! 戦闘は回避したものの、危機感を募らせた日本政府は、最新鋭戦闘機を搭載した事実上の空母「いぶき」を就役させ、新艦隊を編成――――!!! 艦長は、空自出身の男・秋津―――。

続きを読む
  • 空母いぶき 全 13 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    空母いぶき 全 13 巻

    7,920円(税込)
    79pt獲得

レビュー

レビューコメント(25件)
  • 2017/05/09
    もはやフィクションとは言えない自衛隊防衛出動シミュレーション

    かわぐちかいじの戦争ものだと「沈黙の艦隊」「ジパング」を読んだが、時代が過去の世界だったためフィクションとして読めたが、本作では時代設定がまさに現代。そして舞台が尖閣諸島と沖縄離島。ついに武力で尖閣や...

    続きを読む
    tentenmover さんのレビュー
  • 2017/08/24

    「沈黙の艦隊」をTVアニメで見た記憶が本巻購入のきっかけとなった。近未来の尖閣諸島に端を発した日中の軍事衝突という、あり得べきフィクションが興味をそそる。垂直離着陸戦闘機を搭載する空母に等しい護衛艦い...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
  • 2015/10/09

    果たして日本がこういった状況に置かれた時、国民は冷静な判断ができるのか。本来成熟した民主主義社会では、その冷静な判断を後押しするメディアが信頼されていなければならないが、日本はどうだ。誤報を出しても訂...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
他のレビューをもっと見る

セーフモード