【最新刊】誤解だらけの日本美術~デジタル復元が解き明かす「わびさび」~

誤解だらけの日本美術~デジタル復元が解き明かす「わびさび」~

小林泰三

1,001円(税込)
1%獲得

10pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    実は真っ赤な阿修羅、きらめいていた銀閣、ド派手な風神雷神……。私たちが「わびさび」の芸術として親しんでいる国宝は、初めからもののあわれで、渋くて枯れた趣だったわけじゃない。最新のデジタル技術で国宝の「本来の姿」を復元し、制作当時の「環境」を理解すれば、日本美術の見方がガラリと変わる!

    続きを読む
    提供開始日
    2015/10/23
    連載誌/レーベル
    光文社新書
    出版社
    光文社
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    レビューコメント(6件)
    • 誤解だらけの日本...
      2018/11/23

      俵屋宗達の風神雷神像は平面で見るものではなく、立てかけて見ることを想定して描かれているとか、キトラ古墳の壁画は宇宙との接続を描くものだったとか、慈照寺銀閣は月を鑑賞するために配置されデザインされている...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 誤解だらけの日本...
      2015/12/13

      わびさびの典型と思われていた日本美術を最新の技術をもとに元の形、色彩に再現してみると…

      そこには思いがけない躍動感と豊かな色彩が。

      触れられているのは、

      俵屋宗達 風神雷神図 …屏風を離し、横か...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 誤解だらけの日本...
      2017/02/02

      日本美術について全く知識がなかったが、読みやすかった。

      日本美術をアナログで再現しようとする著者が、再現する過程で絞殺したことや学んだことを時系列に沿って記述している。写真が多く載っており、参照しな...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード