なんでもない一日 シャーリイ・ジャクスン短編集

著:シャーリイ・ジャクスン 訳:市田泉

1,199円(税込)
ポイント 11pt

通常ポイント:11pt

人間の裡に潜む不気味なものを抉り出し、独特の乾いた筆致で書き続けたシャーリイ・ジャクスンは、強烈な悪意がもたらす恐怖から奇妙なユーモアまで幅広い味わいの短編を手がけたことでも知られている。死後に発見された未出版作品と単行本未収録作を集成した作品集Just an Ordinary Dayより、現実と妄想のはざまで何ものかに追われ続ける女の不安と焦燥を描く「逢瀬」、魔術を扱った中世風暗黒ゴシック譚「城の主」、両親を失なった少女の奇妙な振るまいに困惑する主婦が語る「『はい』と一言」など、悪意と妄念、恐怖と哄笑が彩る23編にエッセイ5編を付す。本邦初訳作多数。/収録作=「序文 思い出せること」「スミス夫人の蜜月(バージョン1)」「スミス夫人の蜜月(バージョン2)――新妻殺害のミステリー」「よき妻」「ネズミ」「逢瀬」「お決まりの話題」「なんでもない日にピーナツを持って」「悪の可能性」「行方不明の少女」「偉大な声も静まりぬ」「夏の日の午後」「おつらいときには」「アンダースン夫人」「城の主」「店からのサービス」「貧しいおばあさん」「メルヴィル夫人の買い物」「レディとの旅」「『はい』と一言」「家」「喫煙室」「インディアンはテントで暮らす」「うちのおばあちゃんと猫たち」「男の子たちのパーティ」「不良少年」「車のせいかも」「S・B・フェアチャイルドの思い出」「カブスカウトのデンで一人きり」「エピローグ 名声」

続きを読む

レビュー

3.7
11
5
3
4
2
3
6
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2019/02/27Posted by ブクログ

    死後に発見された未出版作品と
    単行本未収録作品を集成した作品集より
    23の短編と5つのエッセイ厳選した本作。
    次から次へと読みたい気持ちをぐっと堪え
    大事に大事にちょっとずつ読んでました。

    やっぱり...

    続きを読む
  • 2018/10/14Posted by ブクログ

    多くの作家が距離感に悩んでいると思う。こういうことをわかって貰うためには、こういう物を用意してこういう技を使って、まず寝るには寝床を用意して。。。



    作者はテレポーテーションをするのかのように、シ...

    続きを読む
  • 2017/09/19Posted by ブクログ

    『メルヴィル夫人の買い物』
    冒頭からクレーマーだとわかって酷く嫌な気持ちになる。
    シャーリイ・ジャクスンは狭い世界で生きる人の心理を描くことに長けているが、これは殊更だなと思う。

もっと見る

セーフモード