【最新刊】我々は猫である

我々は猫である

著者:ゆきひろゆき

1,100円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

人と話ができる不思議な猫マオ。マオを通して見る猫たちの世界。ご主人の小説家・ひよりとその友達。マオの仲間の猫たち。人と猫との楽しい暮らし。

続きを読む
ページ数
133ページ
提供開始日
2015/10/27
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

レビューコメント
  • 我々は猫である

    しゃべる猫、マオ。 結構賢い…と思ったら、ドジでおマヌケな一面もあり…‼︎ 同じ猫科とご対面した「優しかった」と、マッサージ士のマネをした「見よう見まね」が私的にはツボです♪

  • 我々は猫である

    週刊アスキーで連載中の我々は猫である(http://weekly.ascii.jp/comic/nekoneko/)の書籍化 まさか全頁カラーだとは思っていなかったので嬉しい悲鳴 喋れる猫たちに癒やさ...

    続きを読む
  • 我々は猫である

    あはははは!! 猫が喋る漫画も色々あるけど、なんかこれ、猫の本音に近い気がする(笑)。マオが特別器用でヒトに近すぎるけど、その他の奴らはおバカすぎて可愛い♪ マオも飼い主ひよりさんにシテやったりシテや...

    続きを読む
  • 我々は猫である

    そうそう、ヌコはバカなんだよなぁ…という共感で微笑むマンガ。

  • 我々は猫である

    フルカラー猫ほのぼの四コマ。人語をしゃべるマオ(猫)と小説家の飼い主の日常漫画。もちろんこの本の主人公は、マオを含めた猫たち(飼い猫や野良)で、人はオマケ。ぬこ可愛いw

セーフモード